Suciela Teaについて

スシーラティー紹介

紅茶好きのみなさんこんにちは!
「Suciela Tea」は、紅茶から広がる豊かなライフスタイルを提案している紅茶教室で す。

紅茶が好きでイギリスへ渡り、ロンドン・ブラマー紅茶博 物館で働きながら、紅茶はもちろん、その他たくさんの事を学んできました。

紅茶をきちんと深く知る事によって、紅茶から広がるゆったりとした時間。
友達との楽しい会話。美味しいお菓子。美しい陶磁器。自然と調和したインテリア。お花。文化。など、様々なジャンルへ更に世界は広がって行きます。

紅茶をきちんと知った上で、イギリスのゆったりした感じと、日本の良さを合わせたティーライフを提案したいと思い、始まった教室です。

今では年代の違いを超えた紅茶好きの人同士が集まる楽しい教室になっていて、年に1度イギリス、年に2度スリランカへ紅茶研修旅行に行っています。

また、月ごとにテーマが変わる趣味のレッスンもあり、同じ趣味のお友達と出会える場所でもあります♪

更に、スシーラティーを卒業された方で、紅茶教室を開いて活躍している方もいらっしゃいます。

ちなみに私自身は、今では紅茶に繋がる国を旅するのが楽しく、インド、スリランカ、イギリス、フランス、オランダ、中国、シンガポール、タイなどへと時間を見つけては紅茶の旅をしています。
スリランカには長期滞在するようになり、地元の人と触れ合う中で、「スシーラ茶園」を持つようになりました。

この様に、紅茶との接し方は人それぞれです。
紅茶が好きという共通の気持ちが、たくさんの紅茶友達を見つけてくれますよ♪

皆さんにぴったりのティーライフが見つかる事を願って♪

(My favorite words)
If you are cold, tea will warm you.
If you are heated, it will cool you.
If you are depressed, it will cheer you.
If you are excited, it will calm you.

Suciela Tea 認定校&認定講師 Tea Life コーディネーター

Suciela Tea認定講師 Tea Life コーディネーターの紹介
講師やアシスタントとして教室で活躍しています。
※Tea Life コーディネーターはSuciela Tea認定講師に使用する資格名です。

吉田直子

代表&Tea Life コーディネーター
吉田 直子 Yoshida Naoko

兵庫県宝塚市出身&在住。
小さい頃から紅茶が好きで、物心がついた頃には母と一緒に紅茶を楽しんでいました。 その後、住空間に興味を持ち、住宅会社に勤務しながら、インテリア、花、テーブル、紅茶などを独自に学ぶ中、特に紅茶に興味を持ち始め、ライフワークにしようと会社を辞めイギリス行きを決意。 紅茶を学ぶため1年間イギリスに留学。 Londonにある「Bramah Museum Tea and Coffee」で働く機会に恵まれ、ミュージアム内ディスプレイの日本語翻訳や、紅茶セミナーの通訳兼アシスタントを通して紅茶を学ぶ。 Art of Living のキャロライン氏に師事し、イギリス菓子やマナーについて学ぶ。また、ホームステイをしながらイギリス人のライフスタイルにも興味を持ち、イギリス人の仕事、子育て、余暇の過ごし方など多くを学ぶ。 帰国後、2001年にスシーラティー紅茶教室をスタート。 その後、紅茶生産地を学ぶため、スリランカ、インドへ。現地の紅茶工場や茶畑などをめぐり、茶商や茶園のマネージャーからイギリスとは違った紅茶の世界を学ぶ。 2002年以降は毎年生徒さんも伴ってイギリス、スリランカへ年にそれぞれ1、2 回訪れている。
2000年 イギリスに留学。
2001年 スシーラティー紅茶教室をスタート。
2003年 西宮市甲東園に紅茶教室専用サロンをオープン。
2005年 スリランカ津波救援活動をスシーラティーで行なう。
2006年 スリランカより茶葉の直輸入を始める。
2007年 金沢北國新聞文化センター・NHK神戸文化センターで講師を務める。
スリランカ・サバラガムワ地方に茶園を購入。「Suciela Tea Garden」と命名。
2010年 リーガロイヤルホテル大阪内ティールーム「サロン・ド・テ・ベルナルド」を監修。
2013年 東京世田谷でも紅茶教室専用サロンをオープン。
2016年 「Suciela Tea Garden」茶葉の収穫&販売開始。
現在、NKHカルチャー青山・横浜・神戸・梅田・西宮・京橋、サロン・ド・テ・ベルナルド、北國新聞文化センター金沢本部・白山、近鉄文化サロン阿倍野でも紅茶教室を定期的に開催中。
今までに、雑誌、新聞、テレビなどでも紹介されました。

※日程によって認定校講師が担当します。
予告なしに変更になることはありません。

NO1:「アトリエ希果」大阪・淀屋橋
納多寿惠子

納多 寿惠子:Noda Sueko
紅茶とテーブルコーディネートを大阪・淀屋橋で教えていらっしゃる優しい先生。
実は、長年のキャリアを思いっきり投げ打って紅茶の世界へ飛び込んできた、大胆で情熱的な一面も併せ持つ。
探求心旺盛で、学びに対する熱意は人一倍。今までにお花、お料理、お作法など数多くのお稽古もこなし、常に学ぶ事に情熱を惜しまない先生です。

スシーラティー代表Naoko先生との紅茶研修旅行も数知れず、イギリス、スリランカ2回、インド・ダージリン、台湾などなど。右写真はスリランカのスシーラ茶園に一緒に訪れた時のもの。

NO2:「西宮甲東園本校サロン認定講師」/チーフ& Tea Life コーディネーター」
楠千尋

楠 千尋:Kusunoki Chihiro
イギリス児童文学を学んでいた学生の頃からスシーラティーに通い、社会人となった後、脱OLでイギリスへ1年留学。紅茶にプラスしてイギリスの文学、文化についても探求を続けるキュートな先生です。お得意の手作りクラフト(カード)やドイリーなどをスシーラティーはじめ、各方面で販売活動もしています。
2008年 スシーラティー認定講師・アシスタントとして活動を始める。

右写真はイギリス留学後、再び短期渡英されていた時、スシーラティー紅茶研修旅行に途中合流し、がんばってイギリス菓子作り特訓中の写真。スシーラティーでは月半分のレッスンを担当し、事務的な運営のチーフアシスタントとしても活躍中。

NO3:「紅茶教室 サロン・ド・R」石川・金沢・小松/ Tea Life コーディネーター
田上理恵

田上 理恵:Tagami Rie
北國新聞文化センターのレッスン(講師:Naoko先生)に精力的に通い2009年Tea lifeコーディネーターとなった理恵先生。とっても明るく気さくな先生。それでいて、実は頭の中は理系の彼女。物事の視点も一味違って面白い。現在は北國新聞文化センター小松を拠点にカルチャースクールや出張教室などで活躍中です。北國新聞文化センター金沢本部の紅茶レッスンアシスタントとしても活躍中の心強い右腕です。

NO4:「西宮甲東園本校サロン認定講師」/ Tea Life コーディネーター
嶋崎 耀子

嶋崎 耀子:Shimazaki Yoko
学生時代からスシーラティーに通い、スリランカ研修旅行に参加するほど紅茶好きで、探究心旺盛な耀子先生。
卒業後もスシーラティーで活動することを決意。
現在はアシスタントとして運営を手伝いながら、講師としても活動。
2014年 アシスタントとして活動を始める。
2015年 スシーラティー認定講師として活動を始める。
2016年 イギリス紅茶留学。

NO5:「西宮甲東園本校サロン認定講師:アシスタント/ Tea Life コーディネーター
畑中 まどか

畑中 まどか:Hatanaka Madoka
OLをしながら限られた時間を使って講師資格を取得した頑張り屋のまどか先生。
料理も得意で、イギリス料理など彼女の得意分野を生かせる世界を模索中。
2014年 アシスタントとして活動を始める。
2016年 スシーラティー認定講師として活動を始める。

NO6:「紅茶のタネ」大阪・吹田/Tea Lifeコーディネーター
平川優子

平川優子:Hirakawa Yuko
頭やカラダがコチコチになっていたとき「紅茶はいいよ」と教えてもらいました。
紅茶をもっと知りたいとスシーラティーに通い、おいしい紅茶の魅力にすっかりハマり、2013年にはスリランカ研修旅行にも参加。それから不定期ながら教室やイベントをさせていただいています。
2017年からスシーラティー認定校として活動。
おいしい紅茶を飲んで、いい気持ちになって欲しい。
すてきな人たちに支えていただきながら、おいしくて楽しい講座やイベントをもっと増やしていきたいと思っています。

スシーラティーの名前の由来

スシーラティー名前の由来

イギリス留学中、ブラマー紅茶ミュージアムのセミナーで毎回見るビデオがありました。 それは、紅茶工場長のお父さんが娘「スシーラ」に工場を説明して回るという内容。
毎回見ているうちに、真剣に紅茶について学ぶ「スシーラ」と、ブラマーさんに毎日付きまとって紅茶について学ぶ自分が重なりました。
そこで、紅茶が純粋に好きで、紅茶の事をただただ知りたいと思ってミュージアムで働いていた頃の 初心の気持ちを忘れないように!と付けた名前です♪
そして、これは後に分かった事ですが、スリランカの女の子の名前でした。