2015年6月イギリス・ロンドン・ヨーク・湖水地方を巡る

◆Day1
無事にロンドンに着きました~♪
3211

機内ではJALだったので、「AIR MOS」なる物が登場。モスバーガーを自分たちで組み立てて食べるという、なんとも面倒臭い…。 多くのおじさんが作り方のレシピを見ず、えらいことになっていました(笑) JALもなかなか長時間の飛行機を楽しんでもらおうとしているのでしょう…確かに、軽くパニックの時間です…(笑)

ロンドンには夕方に着いたので、そのまま寝るのももったいない。 と、いう事で、一駅TUBE(地下鉄)に乗ってケンジントン宮殿までお散歩&DINNERへ♪

BILL’Sがあったので、軽くお食事。 サラダやスープでちょっぴりお腹を落ち着かせ、それで済めばよかったのですが、、 イートンメス。という言葉を見てしまったら食べたくなってしまったー。 ガッツリデザート頂きました^^
3212 3213
皆さんも「本場のイートンメス~♡」と食べて頂きました♪♪
メレンゲ、クリーム、イチゴというとてもシンプルなデザートですが、甘さ控えめで美味しかったです♪スタッフの皆さんも、とってもフレンドリーで楽しいDINNERになりました♪

その後は、腹ごしらえで、ケンジントンガーデン&宮殿へ。 今はもうシャーロット姫は別の場所に移っているのかな~? もしくはここで寝ているのかな~?なんて想像しながら。。

さあ!明日から色々と町に繰り出したいと思います~♡お天気もよさそうです^^ 3214

◆Day2
3215
朝&午後と今日はみっちり紅茶2レッスンDay!まずは、ビックベンを観光しつつ^^
3216
紅茶研究家ジェーンペティグリュー先生のレッスンへ♪私の大尊敬している紅茶の先生です。

まずは、今スコットランドでお茶栽培をしている人のお茶を出して頂きました!
あんな寒いところで、お茶の木が育っているなんてびっくりです!ホワイトティーで、かなり繊細な味わいでした。
3217 3218
講義はみっちり3時間。
イギリス人にとって紅茶がどうしてこんなにも大事な存在になったか?の歴史に始まり、 今のイギリスの現状。紅茶のエチケット。お茶と言われるもののカテゴリー別の説明など、盛りだくさんでした! 今回の旅行が、リピーターの生徒さんが多かったので、初参加の2名さまと共に、かなりなプライベート感。

最後の記念撮影が笑えました!スタッフのおじさまにお願いしたのですが、どんだけ写真撮るの下手なんだ!(笑)引きすぎ~~!(笑)
とにもかくにも、今回も、内容の濃い充実したレッスンでした!ジェーン先生ありがとうございました!
3219
そして、その後は、ちょっとお茶屋さん「ポストカードティー」なども立ち寄りつつ、、本日2つ目の紅茶レッスンへ!
今度は、ジュリアナ先生のクッキングレッスン。
3221
3222 3223
個人宅で学ぶ、クッキング、アフタヌーンティーのマナーなど。こちらも3時間の予定が、みっちり5時間?!みんながんばったね~~。
先生が楽しくって盛り上がり過ぎました^^
3224 3225
3226 3227
皆で一緒に作ったサンドイッチ、スコーン、ショートブレッドに加え、先生手作りのビクトリアサンドイッチ(スポンジ)、バナナブレッド、フロレンティーナなど、こちらも盛りだくさん!
スコーンに塗るクロテッドクリームの美味しさにも皆さんノックアウトされていましたね!ジュリアナ先生楽しいレッスンをありがとうございました!
3228
帰りは皆さん時差ボケも合わさって、若干朦朧としていましたので、そのままホテルに戻って、今日はゆっくりすることにしました。
また、明日、頑張りましょう~^^

◆Day3
3229
今日は土曜日♪と、いう事はやはりノッティングヒルのポートベローアンティークマーケットへ!すごい人混みになるので、ちょっと早めに出発♪^^
正解でした…すごい人…^^ さてさて、みなさんお目当てのアンティークを探し求めて散り散りに^^

因みに、ノッティングヒルは高級住宅街。で、オシャレなお店が実は多いのです。そこで私は、アンティークの通りから外れて、オシャレショップ通りを散策する事にしました^^
3230 3231
オシャレなブティックやカフェなどが軒を連ね、その中に長蛇の列を発見!ロンドンの人も並んだりするんだーと、思っていたら、オーストラリアのシェフBill Grangerのパンケーキのお店「Granger & Co」でした。あのBillsの関連のお店。そして、その場所は昔「TEA PALACE」というティールームがあった場所。流行の移り変わりがこの一角で感じられます。^^;

そこでまだ時間があったので、Tea Timeにしました♪ ここはオシャレなブティック内のカフェ「202LONDON:Cafe」。いつも混み合っています。紅茶を頼んだら、今流行りの鉄瓶!浸透してますね~。
3232 3233
窓際に目をやると、ティーカップが窓枠に挟まっています!きっと、窓の調子が悪く、開けておけないので、カップを挟んでいるのでしょう^^(笑)こういうセンス、イギリスらしくて大好き…^^(笑)
3234

そして、一度ホテルへ戻り、今日のMain Eventのアフタヌーンティーへ繰り出しました♪^^
今、人気のゴーリングホテル「Goring Hotel」♪キャサリン妃が結婚式前夜に宿泊されたホテルとして、すっかり有名になってしまったホテルです。
3235
家族経営の温かい雰囲気が素敵なホテルで、有名になった今もその雰囲気は健在で安心しました^^

今回は、ダイニングルームでのアフタヌーンティーでした。
明るく広い空間で、それでいて堅苦しくなく、とっても気持ちよく過ごせました。やっぱりアフタヌーンティーは癒されます♪
3236 3237
3238 3239
3240

◆Day4
3241
3242 3243
今日は朝からVictoria & Albert Museumへ♪
とーっても広いのでポイントを絞って回ります^^
オススメコース♪「British Gallery」→「Ceramic」→「Silve」これで、紅茶の関連の事は大まかに回れます^^
すごい数のコレクションにため息が止まりません。

そして、コレクションに圧倒された後は、ウィリアムモリス部屋のティールームで休憩。やっぱり夏のイギリスの醍醐味、イチゴ食べました。ダブルクリームも添えてあります。
3244 3245

ミュージアムを満喫した後は、これからヨークへ旅立ちます!と、そこで、大きな悲劇が!

3246

なんと、突然のイギリスの大動脈モーターウェイから締め出し!事故が起きたようです。。その後、下道で恐ろしい大渋滞!
ヨークまで4時間半の予定が、なんと7時間半!さすがに皆さん疲れましたね~~。
ただ、皆さんの優しさ&助け合いの精神のお陰で、楽しくバスの中も過ごさせてもらえたことは、感謝です~~。ありがとうございました!

無事にホテルに到着!今日は、私の大好きなミドルソープホールホテル♡この長旅の後の、このホテル、嬉しすぎる!
「Middlethorpe hall Hotel & Spa」

ディナーでHappyチャージ!

3247
3248 3249

まずは、ピムスで喉を潤し、セロリアック(根っこ?)のパンナコッタの前菜と、子羊のローストのメインに舌鼓を打ちました。
いや~~。至福の時でした。最後は、このホテル自家製のカモミールティーを頂いて、今日はぐ~っすり眠ります!明日からヨークの町へ♪おやすみなさい~

◆Day5
3250

朝からお部屋でEarly Morning Teaで至福の時間♪^^手作りショートブレッドと共に^^美味しかった~~。
そして、朝ごはんには、Kipper(ニシン)!身がふかふかしてて、これも美味!^^大好き♪
3251 3252

さてさて、ヨークの町へ繰り出します^^
まずは、ヨーロッパでもドイツのケルン大聖堂に次ぐ規模を誇るヨーク大聖堂へ。
3253
11世紀に作られたステンドグラスなど、見ごたえあります。ヨークは昔のイギリス経済の要所だった町なので、今のニューヨークの語源になった町としても納得の歴史を持つ町です。
3254 3255

まー。そんな歴史も学びつつ、やっぱり目的はお買い物^^まずは、アンティークショップなどを巡ります♪^^
3256
可愛いティーカップのセットを発見!
3257
1950年の物なので、ビンテージものですが、ロイヤルアルバートのティーセット!しかも、すべて揃って34ポンド(約7000円)!安い~~~!こういう気軽なアンティークがあるのもイギリスの良さですね~~。
更にテーマパークのような可愛い街を散策すると、有名なベティーズティールームが出てきました。午後1時。店先には既に長蛇の列!平日月曜日だというのにすごいな~~。
3258 3259
あ、いたいた!名物「ファットラスカル」(いたずらっ子の顔のスコーン)。そのお隣には、「サマーファットラスカル」も。^^食べたいな~~。
3260 3261

ひとしきり、お買い物も済ませ、お腹が空いて来たので、私たちは、ベティーズ本店のあるハロゲートに向かいます!^^
ヨークから車で30分くらい。結構遠かったですね。^^そして、遂に本店に到着~~!!!私ハロゲートに居るんだ~と、一種感動^^
3262
そこで、皆でアフタヌーンティーを堪能しました。サンドイッチに始まり、どれもとっても美味しかったです!ヨークほどは混んでいなかったので、すぐに入れて、それも良い感じです^^
3263

そして、お腹が満足したら、最後はまたまたショッピング!私はレッスンでもお出ししたいので、大量の買い出し状態^^;いっぱい買いました~。その後は、身動き取れなくなったので、店先で、みんなの町歩きのお留守番をしました^^;
道行く人に、それあなたの??!!WOW!!すごいね~。パーティーするの?などいっぱい話しかけられました^^;
3264 3265

町も素敵だったので、今度は是非、ゆっくり町歩きするために再び訪れたいな~。
さあ、ヨークもハロゲートも満喫。今日は平和にホテルへ戻って来ました^^
ホテルはすべてのお部屋が違うので、昨日は疲れ果てて諦めた、皆のお部屋ツアーを楽しみました♪
今日は、平和だったな~~。
3266 3267
3268 3269
3270 3271

◆Day6
3272
ヨーク2日目の朝♪Betty’sで買ったファットラスカルと共にモーニングティー♪すっごく大きいので、一緒に滞在しているTさんと二人で食べました^^美味しかった~~。

そして、午前中に移動の予定が、バスドライバーとの連絡の行き違いで午後に変更。そこで、再びヨークの町へ♪なんだかラッキー♪^-^

皆が、ヨークに来たからには、ヨークシャープディングを食べたい!と、いう事で人気のローストビーフのお店を教えてもらって向かいました♪
ヨークシャープディングとは、お菓子ではなく、ローストビーフに添えられる、シュークリームの皮だけのようなものです。
甘くなく、グレービーソースと絡めて頂きます♪

ホテルの方おすすめのRussel’sへ♪「Russell’s of coppergate
朝11時にも関わらず、続々とお客様が^^
セルフサービスで取りに行きます^^お肉もローストビーフの他に、ターキーやチキンも選べました。サイドディッシュの野菜やソースも自分で好きなだけトッピングします^^
いやいや~~。早めのお昼にがっつり頂きました!
3273
3274 3275

そして、ドライバーさんと合流して、いざ湖水地方へ!2時間半の旅になります^^

途中、休憩に立ち寄りたかったSettleという町へ♪ここはまだヨークシャー。そして、ヨークシャーカードタルトという伝統菓子に巡り会い(これまたラッキー♪)満喫♪
カッテージチーズに似た素材で作るタルトで、あっさりしたお味でした♪
3276

是非、Settleへ立ち寄られる方は、こちらのTea Roomへ♪
Ya Olde Naked man
変な名前のティールームですがお勧めです♪
3277 3278

そして、湖水地方へ到着~~。恐ろしく晴れていて、日差しが痛い~~!
3279

ホテルのマネージャー&愛犬デイジーちゃんに迎えられ、とっても温かい雰囲気で素敵なホテルです。
ホルベック・ギル:Holbeck Ghyll hotel
3280 3281
ウェルカムティーをテラスで頂きましたが、叔父さん二人がアフタヌーンティーをしていました^^それにしても、すごい日差しです…みんな眩しそう…(笑)
3282
お部屋からは湖が望めるとっても贅沢な環境♪
3284 3285
こちらのお部屋の景色はAmazing!!新しく建てられたシリーズで窓一面に湖水地方!
3286

夜は近くのパブへ向かい、軽いディナーを♪
お部屋に帰って来る頃にやっと日が暮れ始め、お部屋から素敵な景色が望めました。贅沢な景色と共におやすみなさい~~。
3283

2015年3月スリランカ・ヌワラエリヤとディンブラ茶園を巡る紅茶探訪の旅

●Day1

スリランカ1日目♪
紅茶の前に、まずは象^^
合成写真みたい…(笑)それくらい、象さんと近いです。^^



いやー。スリランカ暑いですー。これからキャンディへ♪ちょっとは涼しくなるかな^^

●Day2

今日は、ノリタケ工場へ♪そして、工場見学後、アウトレットでお買い物♡^^
せっかくHappyな写真を撮ったのですが、パソコンに取り出せず、、残念…(><)

気を取り直して、スリランカカレーのご紹介♪



ライスに色々なカレーをトッピングしていただきます♪♪
ビーツカレー、インゲン豆のカレー、レンズ豆のカレー、チキンカレー、ポテトカレーなどをトッピングしている写真です♪
他に、添え物の、緑のリーフサラダや、パパダン揚げせんべいも。
色々混ぜて、味を楽しむのがスリランカ流です♪

その後、セイロンティーの父「ジェームステーラー」のお墓参り。
スコットランドから出てきて、セイロンティーの基礎を築いた方なのです。
彼のお蔭で、今のクオリティーの紅茶が飲めていると言われています。



そのあとは、町のミルクティー屋さんでキリテー(ミルクティー)を頂きました♪



●Day3

海抜約700メートルのキャンディから、一気に1900メールあるヌワラエリヤにやって来ました♪一気に風が涼しいです♪
そして、朝のTea Time♪ at Nuwara Eliya Grand hotel♪
ブリティッシュ植民地時代の香りを漂わせるホテルで、木の窓枠が良い雰囲気♪



大分登ってきましたよ~。

●Day4

今日の早朝、ヌワラエリヤのPedro茶園に行って来ました♪
マネージャーさん自らがご案内してくださいました。何度話を聞いても勉強になります!


茶園は朝日に照らされて、とってもきれいです♪

これはヌワラエリヤ一泊目のグランドホテルに併設されている、ディルマティーのティールーム。どう見ても「七」に見える「t」^^お昼間はとっても天気が良く、太陽の下では暑く感じるほどです^^



●Day5

今日の朝は、ティーファクトリーをフル改装して、4つ星ホテルとして生まれ変わったその名も「ティーファクトリーホテル」にて♪
備え付けの紅茶はもちろん、目の前の茶園で取れた紅茶。ティーバックではなく、リーフティーが用意されています。これが、と~~ってもフレッシュで美味しい~~。
外観は完全に工場。でも、中は、こんな感じで、とっても可愛いんです♪^^



現在時間は朝の6時(><)なぜこんなにも早いかと言うと、今日はこれからディンブラの茶園へ向かいます。
そして、茶園のマネージャーさんとのお約束が8時。。早い~~(><) でも、工場は深夜から稼働しているので、途中の工程を見せてもらうには、早朝になってしまうのです。
稼働しているところを見せていただけるのは、とっても親切で有難いので、頑張って向かいます!!



ヌワラエリヤを6時半に出て、8時に到着! とっても温かいおもてなしをしてくださいました。今回もマネージャー自らが工場を案内して下さって、朝早かったでしょうと、ケーキやビスケット、紅茶をご馳走してくださいました。紅茶、やはりホテルとかよりも断然美味しかったです~~。
テイスティングの仕方も丁寧に教えて下さって、私も指導を受けて、ちょっとプロに近づけたかな^^
お住まいのバンガローにも案内して下さって、みんな、早起きした甲斐がありましたね~~!



ディンブラを後にした後は、一路コロンボへ。途中、茶摘み娘さん(と、言っても結構年配…^^;実は、若い人が茶摘みをしたがらなくて、人材不足がかなりスリランカでは深刻になっています。)とも写真を撮ったりしながら向かいました^^



●Day6

そして、最終のコロンボでは、恒例の朝のTea Time♪最終ホテルはコロニアルスタイルの由緒あるマウントラビニアホテル。
海に面しているので、紅茶の後ろには、朝日を受けた海面♪♪至福のTea Time♪^^



そして茶商さんのオフィスへ。そこで、今年の紅茶を買い付けて来ました♪



その後は、お買い物&オシャレカフェでのお茶休憩at「ギャラリーカフェ」などなど、残りのスリランカ滞在を満喫しました^^

3113 3114

そして、コロンボ二日目のすべてのお買い物を終えて、最後にまたキリテー屋さんに行きたい!という事だったので、みんなでお茶しに来ました。疲れた体に甘いミルクティーは格別です!
いっぱい笑った楽しい1週間でした!^^

3115

2013年6月 イギリス「ロンドン・プディングクラブ・ベッドフォード公爵邸・コッツウォルズを巡る紅茶探訪旅行」

2013年6月 イギリス「ロンドン・プディングクラブ・ベッドフォード公爵邸・コッツウォルズを巡る紅茶探訪旅行」

◆2010年にリニューアルした、話題のSAVOY HOTELでアフタヌーンティー



今では、ロンドンのアフタヌーンティーはどこもかしこも大人気で、予約が困難。
これは、数年前のロンドンでは感じられなかった現象です。

話題のSAVOY HOTELも例に漏れず、今では予約必至。
ティーラウンジは独特の優雅な雰囲気が漂い、なんだか違う時代にタイムスリップしたような不思議な感覚に襲われます。

燕尾コートにタイトスカート姿という、スタイリッシュな制服の女性スタッフが出迎えてくれます。

そして、揃えられるティーセットやカトラリーはどれも真新しく、
ティーカップは、ペールグリーンにスミレを思わせる小花柄のSAVOYオリジナルのウエッジウッド製のティーセット。

その柄に合わせた、クロスがテーブルには掛かっています。どこまでもこだわりが見られます。

私たちは、トラディショナルなアフタヌーンティーとハイティーをそれぞれオーダー。

2439.JPG

紅茶は、スタッフが好みを聞いて、アドバイスしてくれる紅茶をそれぞれチョイス。

ハイティーには、サンドイッチに加えて、スモークサーモンとスクランブルエッグ。
スコーンの代わりにクランペット(もちもちパンケーキ)。

ケーキ類は共通で出てきます。

有名なシェフが監修しているカラフルで可愛いケーキが並びます。

ただ、マナー的な事で言うと、型にハマらず、3段トレイは、最初にサンドイッチとスコーン用のクリームとジャムが載って出てきたかと思うと、
その後、全てがケーキの状態で別の3段トレイが出てきました。

紅茶も、必ずスタッフが注いでくれるという丁寧なものですが、肝心の紅茶は、ポットの中が少なくなると、お湯を継ぎ足して、3煎目くらいまで淹れて出していました。
そこだけ若干興ざめでしたが、逆に、こちらもマナーを必要以上に気にすることもなく、ゆったりした気分で楽しむ事ができました。

そして、旅行の最後にご一緒した生徒さん達から、ここのティーカップを2客、サプライズプレゼントで頂いて、その気持ちに涙が出そうになりました。
優しい気持ちの皆さんに感謝感謝のツアーになりました。

◆PUDDING CLUB



イギリス中、世界中のプディング好きが、このコッツウォルズの田舎町ミクルトンに毎週金曜日終結します♪

1985年に発足し、最初は月に一度のイベントが、そのうちあまりの人気で毎週開催されるようになったものです。

75名満席の状態で、今回も開催!

前菜のお料理を食べた後、メインの7種類のプディングを食べます♪

プディングとは、イギリスのデザートの事です。

まずは、今日の全種類のプディングのパレードから始まります♪

スタッフ以外に、参加者からプディングを持ってパレードする人が数名選ばれるのですが、私たちのグループから、Mちゃんが名乗り出てくれました♪

Mちゃんが出てきたときは、私たち大声援♪♪

そして、大トリのスティッキートフィープディングが出てくるときは、みんなでスプーンを持ち、テーブルを思いっきり叩いて盛り上げます(笑)^^

いよいよプディングを頂く時、ビュッフェスタイルで取りに行きます。

スタッフは、なかなかの量を盛りつけてきます。ちゃんと食べきらないと、次のプディングには行けないのがルールなので、頑張って食べます。

意外にも甘さ控えめで、とても食べやすい事に驚きます。

そして、もちろん美味しい!

とは言っても5種類目のプディングぐらいから多くの人が限界に近づきます。この頃からコーヒー、紅茶も振舞われ、〆へと向かいます。

まだビュッフェに行ける人は、その健闘ぶりをすっかり仲良くなった参加者から称えられます。

この温かい雰囲気がなんとも楽しい!

私達のメンバーの中からも3名が7種類完食!
私は、5種類が限界でした~~^^;

最後は、今日のベストをみんなで選出して、参加証明書を頂いて、幕を閉じます。

甘い物を前に、国籍、年齢、性別は関係ありません。甘党(Sweet tooth)という共通点で全ての人が仲良くなれる特別な場所なのです♪

イギリス最高!

<私が頂いたプディングの種類>
Lord Randall’s Pudding
Jam Roly Poly
Sticky Toffee and Date Pudding
Squidgy Chocolate and Nut Pudding
Vanilla and Raspberry Meringue Roulade
Summer Pudding
Passion Fruit Charlotte





2012年8月スリランカ紅茶研修旅行~ウバのクオリティーシーズンを訪ねて♪

●Day1

スリランカへ向けて飛び立ちました!^^

今回も、タイ経由で。乗り継ぎの時に、タイの町へ出て、マンダリン・オリエンタルホテルでアフタヌーンティー♪
前回、結婚式の準備で入れなかったので、念願のAuther’s Loungeへ♪



Traditional Afternoon と、Oriental Thai Tea Set とメニューがあるのですが、みんな以外にも冒険せずにTraditionalを食べてました。^^

私だけOrientalを♪タイの伝統的なお菓子なども付いて、なかなか素敵ですよ♪

後は、タイの夜景を楽しんで、空港に戻り、スリランカへ向かいます♪
無事、深夜12時にコロンボ空港に到着~!皆様、お疲れさまでした!



●Day2

象の孤児院や、パイナップル屋さんに立ち寄りながら、キャンディへ♪



キャンディのアマヤホテルに到着すると、ウェルカムセレモニーをして下さいました^^
スリランカでは、来た方にGood Luckを意味する火のセレモニーがあります♪



そして、Suciela Tea Collegeのロゴが!!嬉しい~~&可愛い♪(><)

セレモニーの後、町へ繰り出し、世界遺産仏歯寺でお参り。町のキリテー(ミルクティー)屋さんへ♪地元の雰囲気満載で、ローカルな食べ物と一緒に♪





●Day3

朝からノリタケの工場へ♪



工場の朝のティータイム(1000人以上の従業員のいるノリタケは、朝にお茶休憩があり、みんなが思い思いのカップでお茶を飲む様子は、興味深いです。)を拝見し、同じ釜の飯ならず、同じ釜のティーを頂いて(なかなかの甘さ!^^)、工場見学。

工場で陶磁器が出来上がっていく様子は、興味津々です!

そして、お決まりのアウトレットでショッピング♪^^

その後、スパイスガーデンでスパイスの勉強&ランチ♪





これは、ペッパーの実。たくさんのスパイスが木になっている様子を見ることができます。
ここは、ご飯も美味しい!スパイス使いがうまいのです!

そして、キャンディの町に戻って、昨日はローカルな喫茶店に行きましたが、今日は、ちょっと気分を変えて、ちょっとお洒落な高級カフェへ♪

こんな洗練されたスリランカもあるんですよ^^




●Day4


キャンディの朝。。。霧が立ち込めて、静かな空気が広がり、涼しい風が通り抜けます。

まずは、腹ごなし。カレーの朝ご飯。(^^)
私の好きなセット。ストリングホッパー(麺)ポルロッティー(ココナッツの焼きパン?)。ポテトカレー。シーニサンポル(オニオンの甘辛い付け合わせ)



腹ごなしをして、まずは町の市場へ。馴染みのスパイス屋さんでカルダモンティーを堪能(^^)
バニラビーンズやサフランなどを物色♪フルーツも一通り試食という名のつまみ食いをしながら♪
気が付けば、市場に2時間…(^^; ドライバーのウパリさんも呆れ気味…(笑)

その後、セイロンティーの父・ジェームステーラーのお墓へ。



さらに、紅茶ミュージアムへ行き、紅茶の製造工程の予習をします♪
これからヌワラエリヤへ向かうと色々と紅茶工場へ立ち寄るので、その事前準備^^

ミュージアムでキャンディティーを♪まだ標高が600m~1000mなので、水色はまだまだしっかりしています。

そして、いよいよ紅茶の一大産地ヌワラエリヤへ向かいます♪
車でうとうととしているうちに、辺りはお茶畑一色に!!

途中、紅茶工場のティールームへ立ち寄ります。
少し標高が上がるたびに、紅茶の水色が一段と薄くなっていくのが、なかなか興味深いのです♪
右が、1200mくらいのグレンロッジティーファクトリー。



もう少し上がると、ラボケリーティーファクトリー。
ここのティールームはとっても可愛くて、周りが紅茶畑に囲まれていて、とっても素敵な雰囲気です。



一気に霧が立ち込め、辺りは真っ白になって行きました!



3月に来た時と違って、ヌワラエリヤはオフシーズン。と、言う事もあって、雨が降りやすい雰囲気で、辺りはしっとりとしています。
でも、それもとっても良い雰囲気です^^

●Day5


ヌワラエリヤの朝。イギリス領地時代の雰囲気たっぷりのグランドホテルで、Bed Teaと共に始まります。

実は、予定の時間を過ぎても来ないハプニングに見舞われましたが、何とかミルクティーで朝をスタートさせます^^

リトルイングランドと言われるヌワラエリヤ。よくもまあ、こんな山奥に町を拓いたな~と、毎度のことながら感心します。

(左)当時を偲ばせる郵便局 (右)昔のイギリス人の社交場



オフシーズンなのですが、せっかくなので、名門ペドロ茶園にも立ち寄りました。
水色がいよいよヌワラエリヤです^^



そして、この日はまたホテルを変えて、Tea Factory Hotelへ。
その名の通り、もと紅茶工場だった所を高級ホテルに♪

これまた、すごく奥地なのですが、人気で、今回も実は満室でどうにもこうにもならなくて、半分諦めていたのですが、運よくコネクションを使って、エグゼクティブフロアをゲット!(♡ ♡)今回のメンバー超ラッキーです♪

角部屋で、茶園に囲まれて、紅茶好きには超テンション↑ヌワラエリヤ名産のイチゴもウェルカムフルーツで用意されていました!



泊れて良かった~~。^^

ここでは特に予定も立てず、ツアー中盤なので、疲れを取るためにもひたすらゆっくりスケジュールを満喫しました。

●Day6

朝もTea Factory Hotelでゆっくりし、ランチを食べてからゆっくりいよいよ今回のMain Eventのウバへ向かいます!

ウバの中でも、ウバフレーバーが香る強さでも有名な2茶園。Aislaby と Uva Highlands。なんと、両方行くことに!!

茶園から、それぞれ、Aislabyへは早朝5時半。Uva Highlandsへは朝7時半。と時間指定が。。
予想はしていたが、早い…^^;

この日は、ウバの茶園の近くの町バンダラウェラに泊って、早朝の出発に備えます。
あ~~。いよいよ今年のウバに出会えるんだ~~と、否が応でも緊張と期待が入り混じってそわそわ…。

みんな早々にこの日は就寝…ZZZ 頑張って早起きします~~。

●Day7



4時半起床。アイスラビー5時半着。辺りは真っ暗。
看板も何も見えないような状態で運転するスリランカ人を尊敬。。

雨が降らず収穫量が減るこの時期は、工場の稼働スタート時間も、通常が深夜1時、2時、3時のところ、この日は、5時からとか。工場のフル稼働が見たかったのに…(T T)

始まったばかり。。

それでも、工場には今年のウバの香りが漂っています!いつ来ても幸せです・・・♡
今週のオークションの紅茶をテイスティングをさせて頂きました♪
アイスラビーらしく、強すぎず、且つしっかりとウバの香りが香っています♪♪

7時アイスラビ―茶園を出発して、今度は7時半ウバハイランズ茶園へ。
すっかり日も昇り、辺りは清々しい空気に満ちています。



そして、やはりここも製造が始まったばかり。。。
まだ全ては動いていないものの、揉捻中のお茶葉からは、蒼々しいウバフレーバーをほんのりまとった香りが。。

テイスティングをさせてもらって、ウバハイランズのパンチのある味わいに一同すっかり目が覚めます^^

余りに香りと味が強いので、たくさんはテイスティング出来ない様の一同。(笑)

でも、こんなにも香るウバをひたすらテイスティング出来るなんて幸せなんですよ~!^^

雨が降ってしまうと終わってしまうウバシーズンなので、雨がまだ降らずに香りを蓄えていた事にとにもかくにも安堵。。。みんながウバを堪能出来て良かった~^^

ウバハイランズ茶園に出て来ると、幼稚園の子供達がお出迎え^^



一生懸命手を振ってくれるので、持っていたお腹が空いた時用のビスケットをプレゼント^^

その後も、茶園の中を散歩。本当に廻りはひたすら茶園。みんながとっても小さく見えます。



可愛らしいお茶摘み娘さんにも遭遇。みんなで、お茶籠を担がせてもらって、茶摘み娘体験。^^



茶園をしっかり満喫しました♪♪

この日は、一旦ホテルに戻って朝食を取った後は、ひたすらコロンボへ^^

明日は、オークションを見学に行きます!!^^

●Day8



インド洋を望むマウントラビニアホテルの朝。
一気に、田舎な雰囲気から都会の雰囲気へ!

朝ごはんもすっかり洗練された様子に、最後はなんとなくほっとする日本人^^



優雅な朝を過ごして、いよいよコロンボのティーオークションへ。
世界一の規模を誇る紅茶オークション。

8時半からスタート。私達は10時半に到着。3部屋に分かれていて、毎週火・水に開催。
ハイグロウンティーの紅茶を取引している部屋にまずは行きました。あれがリプトン社の人達だよ。とか、今あの人が競り落としたね。とか。臨場感たっぷりです。

そして、カタログの中には、昨日訪れたアイスラビーもウバハイランズもあります。
なかなか良い値段で取引されています!!

中の写真は禁止なのでお見せできず残念ですが、10秒足らずで取引される紅茶は少なくとも約500kg。すごい勢いで何トンもの紅茶が売買されていきます。

その後、ローグロウンティーの部屋へ。こちらも、ハイグロウンに負けない高値が付きます。
マーケットが全然違う為、客層や雰囲気もちょっと違います。

それ以外は、オフグレードと呼ばれるティーバックなどに使われる茶葉の取引する部屋でした。

場の雰囲気に呑まれつつも、しっかり堪能して来ました!

忙しいオークション中に時間を取ってくれた茶商さんに感謝!!m(_ _)m

この後は、最後のお買いものにひたすら時間を費やし、ちょっとカフェに立ち寄って休憩しながら、ホテルに戻ってディナーを食べ、支度を整えて、第一陣、深夜の飛行機で帰路へ。



約一名延泊されるので、私も今度は紅茶を忘れて海リゾートへ♪♪

●Extra Tour



最後の2日は南の海の町ベントータへ。
ちょっと気分を変えて電車で向かいます^^

ドライバーのウパリさんが一緒なので、彼は荷物と共に1時間前に車でベントータまで向かい、
私達は身軽になって電車で♪

着いた駅でウパリさんが待っているというなんとも、優雅な電車の旅です(笑)

駅で切符を買って、ホームで待ちます。ちょっと予定より遅れて、思いのほか混んだ電車がやって来ました! まさかの座れない状態でしたが、逆にタラップで立ちながら色々な光景を楽しめました。

物売りのおじさんが何人も通り過ぎます。
ワデというお菓子を売るおじさんは、「ワデワデワデワデ・・・・・」と、すごいスピードで連呼。魚パン(マルバン)を売るおじさんは「マルバンマルバンマルバン・・・・。」と、同じく超高速連呼。

なんだか、電車の中がお祭りのようで、面白い。

タラップは子供やカップルのお気に入りの場所。

学校がホリデー中なので、電車は行楽を楽しむ子供達でいっぱいです。





ん~~。なんだか和む~~^^

車で2時間の行程を、電車は45分。あっという間の電車の旅で、思わず乗り過ごしそうに…。
二人であわてて降りて、今回泊るサマンビラホテルへ向かいました。



ここで、ひたすらボケーーっとして帰って来ました。

ツアー2回目参加のKさん。ありがとうございました!スリランカ、堪能してもらえたかな?^^
初めての皆さんも、楽しんで参加して下さってありがとうございました!!

私もすっかり楽しい時間を過ごす事が出来て、幸せなひと時でした!(^^)/
旅行の疲れをゆっくり癒して、また日本でお会いしましょうね~!

ホテルの写真は、なんとカメラ本体のメモリで撮ってしまったので、また機会があればUPしますね♪



ブティックホテルで、高級ホテルですが、とっても素敵なホテルです♪♪
機会があれば是非!!

サマンビラホテル




2012年5月・6月 イングランド&アメリカ紅茶探訪一人旅



●Day 1

実は、今日からイギリスへ飛び立ちました!今年は一人旅です。

でも、今、私はなぜかサンフランシスコ!

まさかの関空で、雷による天候不良が原因で飛行機が遅れ、サンフランシスコでの乗り継ぎで、ロンドン行きの飛行機に乗れず、思いがけず、7時間の待ち時間が出来た為、町へ出てきました!!

旅の前に、「今回は乗り継ぎだけで、サンフランシスコの町には出れないなんて残念!」と、思った気持ちが神様に伝わってしまったのでしょうか…。

こうなったら楽しむしかないです~~。


続きを読む